読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大人工知能開発学生団体HAIT

facebookやTwitterで伝えられないHAITの情報をお届けします!

実務で人工知能を使うメンバー紹介!!

こんにちは、HAITです!

今回はHAITに所属し、機械学習などをインターンシップでガンガン使っている慶應義塾大学理工学部2年の池田さん

 

どのように人工知能を使い、それをどう活かしているかなど語ってもらいます!

※新一年生の皆さんも池田さんのようにいまからHAITで勉強すれば最短3か月後には人工知能を扱えるようになれるかもしれません。

 

それではバトンタッチ!!!

 

そして明日はHAIT最後の新歓説明会、最後のチャンスです!

詳細は下記の通りです!

==========================================================================================

 

4月26日 第4回新歓説明会 @ 東京大学駒場校舎 523 教室 19:00~21:00

 

www.facebook.com

==========================================================================================

 

こんにちは慶應義塾大学理工学部2年の池田です。
今回は僕の番ということで、僕が人工知能に興味を持ったきっかけや現在やっていることなどについてお話ししようと思います。最後までおつき合い頂けたら幸いです。

 

---人工知能を学ぶきっかけ---
大学に入った当初、どうせなら最新のテクノロジーを勉強してみたいと思い、まず思い浮かんだのが量子コンピューター人工知能でした。
プログラミング経験もなかったので、量子物性の研究者を目指してひとまず量子力学や物性物理を勉強しつつ、余暇程度でプログラミングをしていました。しかし次第にプログラミングの面白さに引き込まれていき、今に至ります笑。

 

f:id:hait_ai:20170425170546j:plain

                     勉強会の様子

 

---いま人工知能でやっていること---
まずPython(プログラミング言語の一つ)を勉強した後は、電力・ガスのオペレーションを最適化させる会社でインターンをしていました。具体的には、機械学習の手法を使って需要予測を行ったり、様々な種類のグラフでデータを可視化して、ガス会社や飲食店などのコスト削減に努めました。

そして現在は、Gunosyという会社でユーザー行動ログを用いたデータ分析や記事配信アルゴリズムのロジック改善に携わらせてもらっています。PythonSQLを組み合わせて、クラウド上の莫大なデータを扱いながら業績を予想、改善していきサービスの伸びに貢献する過程はとても楽しいです。

 

f:id:hait_ai:20170425170531j:plain

                   勉強会後のタイ焼き

 

---現在、HAITと出会って---
HAITは優秀な方が本当に多く、ビジネス・起業などエンジニアリング以外の面でもいつも刺激をもらっています。最先端の技術を将来的にビジネスにも応用したいという人にはぴったりだと思います!
また僕自身、最初の1年は一人で勉強していたため、機械学習の勉強法やインターン先の見つけ方などでかなり悩むことが多かったです。その点HAITはそこを補うような活動をしています。例えば、人工知能を使えるまでに最短ですべきことはなにか、など少し遠回りしてしまった先輩からアドバイスをもらえたりもします。なのでこれから人工知能分野に足を踏み入れようとしている人には最適な環境だと思っています。僕が経験してきた(余計な)苦労を後輩たちがしなくて済むよう、全力でサポートしていきたいです。

以上になりますが、「これから人工知能を勉強したい!」、「ちょっと興味ある!」という方、まずHAITにお話しを聞きにきてみてください。お待ちしてます!

 

 

以下リマインドです、お待ちしています!

==========================================================================================

 

4月26日 第4回新歓説明会 @ 東京大学駒場校舎 523 教室 19:00~21:00

 

www.facebook.com

 

==========================================================================================

 

HAIT代表を紹介!!!

 

" 継続は力なり"

"人工知能と聞くと、どうにもいかついイメージがありますが、実際は学部1年生から勉強し始めることができるし、文系でも大丈夫です。"

                                                            ----HAIT代表 石井大智----

 

こんばんは、HAITです!

今回はブログ第二弾ということで

HAIT代表早稲田大学3年石井大智さんを紹介します!

                                                        f:id:hait_ai:20170411174632j:plain

 

 石井さんはビジョンに向かって努力を継続し、尚且つ行動力もあり、ブログを書いている僕自身奮起させられます。

 

そして明日、3回目の新歓説明会を行います!

1回2回の新歓説明会だけですでに50人近くが入会してくれました!(参加者95%以上!)

まだまだ仲間を募集しているので、お待ちしています!

詳細は下記の通りです

==========================================================================================

 

4月19日 第2回新歓説明会 @ 東京大学駒場校舎 523 教室 18:45~21:00

 

第3回 東大人工知能開発学生団体HAIT 新歓説明会

 

新入生はぜひ、思い至ったらなんでも行動してみてください。新たな発見や価値観に必ず出会えると思います。

 

==========================================================================================

 

それでは、

今回は石井さんの頭の中を覗いてみましょう!

 

◆そもそもなぜ人工知能を学ぼうと思ったのですか?

------正直に言うと、知り合いに「面白そうだからやってみない?」と誘われたことがきっかけです笑。もともとプログラミングが好きなわけでもなかったし、特に人工知能というものに特別な興味があったわけではありませんでした。新入生のみんなにも、そのくらいの軽い気持ちではじめてみて欲しいと思います!

 

◆今更ですが、趣味は何ですか笑?
------人工知能を学ぶのは趣味みたいなものですね笑!HAITは、趣味や遊びのように勉強をやれる人にとっては最高に面白い環境になると思います。AI企業へのインターンや共同研究、専門家のサポートを受けての大会出場など、人工知能を学びたい学生にとって最高の環境を用意しています

 

◆大学はどのように過ごしていますか?
------大学では、それこそ人工知能やデータ分析系の授業ばかりを取っています。もともと専門がそっちに近かったので。せっかくなので、そこで得た知識や技術などをメンバーのみんなにシェアするようにしています!

 

◆1日の読書量や勉強量についてはどうですか?

------専門が近いこともあって、機械学習統計学のデータ分析の本をよく読んでいます。週に一冊は読むように心がけています。一日あたりの勉強時間は、ちょっとばらつきますが平均したら6時間位でしょうか?ここ一年間は結構時間を割いて勉強しました。

 

座右の銘はありますか?
------座右の銘は「継続は力なり」です!どんなことでも継続していくことって難しいですよね。逆に、それさえできれば大体の困難は乗り越えられるような気がしています笑。人工知能も一年以上は勉強を継続していますが、このまま二年三年と継続して力を付けていきたいです。

 

人工知能学生団体立ち上げの際は決断に時間がかかったり、弱気になったりはしましたか? 

------僕は特に大きな志を掲げて立ち上げたわけではなかったので、そのようなことは無かったように思います。本当に軽い気持ちで始めました笑

 

◆新入生へ何かアドバイスはありますか?
------大学に入って、遊びや飲み会以外で何かに打ち込んでみたいと思っている新入生にとって人工知能はぴったりのテーマだと思います。1年生からでも、しっかり勉強すればその技術をインターンなどでガンガン活かすことができます。今世界中で求められている人工知能技術者になるため、周りより早いスタートを切りましょう!

 

◆最後に新入生に一言お願いします!
------人工知能と聞くと、どうにもいかついイメージがあるかと思います。しかし、実際は学部1年生から勉強し始めることができるし、文系でも大丈夫です。ぜひ、ちょっとでも興味があったら、HAITへひとことメッセージをください!

 

勉強会も随時開始しています! f:id:hait_ai:20170418050749j:plain

f:id:hait_ai:20170418050755j:plain

 

本当の最後に

新一年生の皆さん、偶発性理論をご存じでしょうか?

ハーバードなどアメリカの1流大学が卒業生のキャリアを調べたところ、計画的に人生を歩んでその通りになっている人は2割くらいだそうです。多くの人が感覚もしくはとくに考えず行動した結果出会った人や経験から人生の方向性が変わっているそうです。

 

ぜひ新一年生の皆さんも必ずしもHAITでなくてもいいです、フットワークを軽くして色んなものに触れてみてください!

 

 以下、明日のリマインドです!

==========================================================================================

4月12日 第2回新歓説明会 @ 東京大学駒場校舎 523 教室 18:45~20:00

 

第3回 東大人工知能開発学生団体HAIT 新歓説明会

 

==========================================================================================

 

それでは当日お待ちしています!!!

 

 

  

初めまして、東大人工知能開発学生団体HAITです!

※所要時間4分。新入生の方々、この4分間で人生が変わるかもしれません。

初めまして、東大人工知能開発学生団体HAITです。

HAITは人工知能から機械学習、Deep Learningを利用して、医療画像解析、消費電力予測、チャットボット製作などを行っています。現在東大生でなくとも、また文系理系問わず初心者、新入生を大募集しています!

HAITでは、

【新一年でも最短3ヶ月でデータ分析インターンの業務に携われる力をつけています】

 

f:id:hait_ai:20170404184422j:plain         

詳細は!

===================================================================================明日『4月5日19:00〜@東大駒場校舎523教室』の新歓イベントで!

テーマ:“一年後のあなたを見てみよう。大学1年生から人工知能を作ってきた先輩は、一年間どう勉強したか?”

www.facebook.com

===================================================================================

 

今回は初回ということで【HAITの理念】、【問題解決への手段】、【こんな人にオススメ!】の3つをお伝えします!

【Why_理念】:“ 同世代の学生から、一万人のAI・データ分析技術者を輩出する

現在、日本は人工知能を扱える人材が不足しています。『「データサイエンティスト育成ネットワークの形成」平成27年度事業報告書』(統計数理研究所)によれば、国内のデータサイエンティストが将来的に約25万人不足すると発表しています。また下記図1のように日本は他の先進諸国と比較してもデータサイエンティスト数が圧倒的に不足しています。データサイエンティストは様々な情報を分析し、企業だけでなく政府や医療機関などにおいて効率化や自動化などを図れるため、今後も大きな力を発揮します。このままでは日本経済の競争力悪化の要因となり、解決しなければなりません。

                  [図1データ分析ができる人材の国別比較]

         f:id:hait_ai:20170404184428p:plain      

      (出典)McKinsey Global Institute「Big data: The next frontier for innovation, competition, and productivity」

 

【How_解決するために】:

そのため、私たちは専門の研究室以外に、学生が主体的に人工知能を学び、開発できる環境、HAITを作りました。2016年3月に10名程度で立ち上げ、現在は30人程度メンバーが集まりました。この一年は勉強会を継続的に行い、個々がインターンシップやサービス開発などを通して人工知能を活用してきました。さらに現在ではMicrosoft様、IBM様をはじめとする企業様からもご支援をいただいています。

 

【こんな人にオススメ!】:

ここからはこのブログを書いている私自身の私見とはなりますが…

HAITにいて思うのは、

  • 漠然と新しいことやってみたいと思っている人。HAITでは冒頭で【3ヶ月で業務へ】と掲げたように、計画的段階的にスキルアップを図れます。私的には漠然とサークル活動をしていてもあまり意味がないと思います。
  • 新入生、初心者は最短で無駄なく学習指導を受けられると思います。それはメンバーが実務で機械学習などを実装しデータ分析を行っているのでからです。勿論、ー人一人の学びの姿勢がこの環境をより有意義にします。
  • レベルの高い学生と切磋琢磨したい人。レベルの定義としては、スマートなのは勿論のこと、目標のために行動している人です。ただし真面目すぎてもいない。

さらに詳しく知りたい方は!リマインドになりますが、

===================================================================================

明日『4月5日19:00〜@ 東大駒場校舎523教室』でお待ちしています!

テーマ:“一年後のあなたを見てみよう。大学1年生から人工知能を作ってきた先輩は、一年間どう勉強したか?”

www.facebook.com

===================================================================================

次回は弊団体創設者の一人である早稲田大学3年の石井大智代表を紹介します!

 

では!